space 顧客戦略8つのポイント ソフト無料体験版 お客様の声 セミナー情報
ソフト機能紹介 通販企業の方はコチラ 資料ダウンロード お問い合わせ
お客様との「絆」を深める顧客管理ソフト−顧客管理成功ノウハウ

もし、あなたが、短期間に収益を増大させるとしたら、まず何をしますか?

そのヒントは、いたってシンプルです...

顧客リストの中から、あなたの商品を買ってくれる人を選んでアプローチをかけるだけです。

しかし、多くの方は、こう答えるかも知れません。

「お客様全員に、メールを出せば売れる」と・・・

でも、ちょっと待ってください。

メールを送るだけで、本当に、売れるのでしょうか?

実は、これだけで、いいわけはありません。

福岡に、社員70名程で年商400億円規模という、健康通販業界トップの会社があります。

この会社が、わずか10年程で健康通販業界でトップになれた理由。

それは、ほとんど知られていないのですが、

顧客を10ものグループに分類して、アプローチを変えたDMを送っていた」からです。

もちろん、メールを送ることを否定はしませんが、本当に、伸びている会社は、お客様に郵送DMを送っているという事実があるのです。

では、どのようなアプローチをするのでしょうか?

まず、あなたの、顧客リストに、このようなお客様はいませんか?

あなたが出す商品や推奨する商品を、毎回買ってくれるお客様です。

パレートの法則から考えると、このようなお客様は、通常、全体の顧客リストの20%くらいを占めているはずです。そして、その20%のグループのお客様から得られる利益は、 全体の80%を占めるといわれています

この20%のお客様は、あなたのビジネスで最優先すべき大切なお客様なのです。

もっと細かく分けると、あなたの顧客リストは、このような顧客層に分かれているはずです。

顧客の選別 顧客別のマーケティング
上 得 意 客 他のお客さまを紹介してくれる可能性のあるファン客なので、特別扱い等、さらに信頼関係を深めるための、個別のマーケティングを行います
得   意   客 商品を2回以上リピートしている客なので、さらに継続して商品を購入していただくようにフォローします
新   規   客 初めて商品を購入した客なので、初回のリピートに結びつくようにお礼状などでフォローします
休   眠   客 何らかの理由で、客足が遠のいている客なので、再来店(再購入)をすすめるDMでフォローします

これらの顧客の種別は一般的な分け方ですが、実は、全部で10ものグループに分けることを当社では推奨しております。

DMは費用がかかると思われるかもしれませんが、伸びている会社は、上位客から順番に、DMを出していけば良いことを知っています。

では、もう1つ、質問です。

あなたは、顧客を、自動的に上得意客に育成する、具体的方法を知っていますか?

もし、あなたが、この答えをお知りになりたいなら・・・

このサイトでは、あなたの「戦略」の核となる、お客様の心に響くフォローとデータ分析で売れる仕組みをつくる顧客管理の仕組みを どのような順番で作るかを、次の8つのステップで解説します。

お客様の心に響くフォローとデータ分析で短期間で売れる仕組みをつくる8つのステップへ

お客様の心に響くフォローとデータ分析で売れる仕組みをつくる8つのステップ

ステップ1:顧客は管理してはいけない!その理由とは?

space

最初のステップへ

▲このページのトップへ