space 顧客戦略8つのポイント ソフト無料体験版 お客様の声 セミナー情報
ソフト機能紹介 通販企業の方はコチラ 資料ダウンロード お問い合わせ
よくいただくご質問−顧客データの連動
■ インポート・エクスポートについて

※インポートとは、他のアプリケーションソフトから出力された顧客データを取り込むことを言います。
※エクスポートとは、こちらで作成した顧客データを外部へ出力することを言います。

随時更新していきますが、こちらで解決できないご質問はお気軽にお問合せください。
⇒お問い合わせはこちら
『顧客サポートシステム』の画面右上に表示されます操作マニュアルもご利用ください。
顧客サポートシステム ヘルプアイコン←ヘルプアイコン

space

INDEXへ戻る

space

faq今まで表計算ソフトで顧客管理をしていました。
この顧客データは『顧客サポートシステム』へ1件ずつ登録しなければいけないのですか?

「インポート・エクスポート」の項目から別ソフトからのデータを 取り込むことができます。
その際は、元のデータの形式がCSV形式(データをカンマで区切ったファイル)であることが 必要となります。
また、データを取り込む際には「顧客コード」が必要です。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqインポートするファイルに「顧客コード」がありません。

顧客データを区別するために「顧客コード」は必須項目となります。
(同じ理由で商品マスターの「商品コード」も必須です)
『顧客サポートシステム』にデータをインポートする前に、データを編集し、 顧客コードを付けてください。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqインポートするファイルにタイトル項目がありません。

タイトル項目とは、インポートするファイルの一番上につける項目の名称のことです。(氏名・住所・会社名・・・など)
データをインポートする際には、『顧客サポートシステム』と取り込むファイルのそれぞれどの項目を割り当てるのかを設定しますので、タイトル項目をご用意ください。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqインポートするファイルの最上段の行が空白になっています。

インポートはファイルの1行目(最上段)から読み込みを開始しますので、この行が空白だと 「データ無し」と判断してしまいます。
空白行は削除してください。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faq顧客情報をインポートしたのですが営業担当者がインポートされていません。

インポートする際は、「担当営業者」の"営業担当者氏名"ではなく"営業担当者コード"を データとして取り込んでください。
"営業担当者コード"がない場合は、取り込むデータを修正してご用意ください。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faq商品マスターをインポートするとジャンルコードエラーになってしまいます。

「ジャンルコード」とは、商品をジャンルで区別するために『顧客サポートシステム』で使用するコードです。
取り込むデータにジャンルコードが存在しない場合は、「ジャンルコード」の割り当てを行わずにインポートしてください。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqインポートを行いたいデータに「顧客データ」と「売上データ」が一緒に入っています。
この場合のインポート方法はどうすればいいのですか?

インポートを行う際は、どの項目を取り込むかを設定する画面があります。
同じファイルのデータでもそれぞれ「顧客データ」「売上データ」として取り込めば 問題ありません。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faq特定の日付(例えば2008年02月01日)以降に登録した顧客のみをエクスポートしたいとき、
どのようにすればいいですか?

「顧客一覧作成」から行います。【顧客絞込み】にチェックを入れ検索をクリックすると通常の顧客検索画面が表示されます。
こちらの画面右下にある「登録日」の箇所に「2008/02/01 〜 」と日付を入力し、検索すると 該当する顧客のみが一覧表に表示されます。
この一覧表画面の「エクスポート」ボタンから顧客の抽出が行えます。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqインポートしようとしたデータの住所が、「都道府県・市町村・番地」と 3つの項目に分かれています。
『顧客サポートシステム』の項目は「住所1」「住所2」の2つなので、 どのようにインポートするのか教えてください。

インポートするデータ(CSVファイル)をいったんエクセルで開き、修正を行ってください。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faq商品アイテムをリニューアルしたのですが、今まで「商品マスター」 に登録していたデータを削除して新しくデータを入れ替えても大丈夫ですか?

今までの受注履歴に影響を及ぼすため、一度でも使用した商品マスターは削除することができません。
リニューアルしたデータは新規データとして取り込んでください。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqインポートエラーとなった原因が分かりません。

データをインポートした際、取り込みを行ったCSVファイルを保存してある場所にエラーファイルが作成されます。 (ファイル名は、インポートしたファイルの名称+拡張子(*.err)です)
エラーファイルの内容はメモ帳などのテキストエディタで開くことが出来ます。
エラー0件でしたら、何も入力されていません。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqネットショップからの顧客・販売データの取り込みは可能ですか?

CSVカンマ区切りデータの顧客・販売データをシステムに取り込むことは、可能です。

取り込み可能なデータは次の3種があります。

1.顧客情報
 顧客の基本的な情報です。
(顧客ナンバー(コード)、氏名、住所、アドレス、電話など)

2.顧客毎の購買履歴
 顧客毎の購入した商品(売上)の情報です。
(顧客ナンバー(コード)、受注日(yyyy/mm/dd)、購入商品ナンバー(コード)、単価、数量、消費税、売上金額など)

3.商品のマスター
 商品のマスターとなる情報です。
(商品ナンバー(コード)、商品名、単価など)

それぞれのデータの先頭行に項目名称を入れることで、移行する際に、項目の突合せをすることができます。

移行の条件といたしまして、現在ご使用されているシステムより、上記のデータをCSVカンマ区切りデータとして出力もしくは編集できることが必要です。

まずは実際のネットショップの機能をご確認いただきたく存じます。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqエクセル、アクセスのデータを移行する事はできますか?

エクセルやアクセスの顧客データを移行することは可能です。

エクセルやアクセスでは、表(テーブル)を、CSVカンマ区切りテキスト形式にて出力(保存)できます。
(ファイル名.csv で保存できます)

弊社の顧客管理システムに移行する際は、次の3種のデータが移行可能です。

1.顧客情報
 顧客の基本的な情報です。
(顧客ナンバー(コード)、氏名、住所、アドレス、電話など)

2.顧客毎の購買履歴
 顧客毎の購入した商品(売上)の情報です。
(顧客ナンバー(コード)、受注日、購入商品ナンバー(コード)、単価、 数量、消費税、売上金額など)

3.商品のマスター
 商品のマスターとなる情報です。
(商品ナンバー(コード)、商品名、単価など)

それぞれの表(テーブル)の先頭行に項目名称を入れることで、移行する際に、項目の突合せをすることができます。

弊社の顧客管理システム(顧客サポートシステム)での具体的な機能は、メインメニューにある、「インポート・エクスポート」という機能で行います。

インポートとは、CSVカンマ区切りテキスト形式にしたエクセルやアクセスなどのデータを
システムに取り込むことです。

エクスポートとは、システムのデータを、エクセルやアクセスなどに読み込めるように
CSVカンマ区切りテキスト形式で出力することです。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faq本社、支店間でこのソフトを共有することは可能でしょうか?
また出来ない場合、複数のPCにダウンロード可能でしょうか?

顧客サポートシステムは、複数台のパソコンから1つのデータベースを共有することができますが、基本的には、お互いにLAN環境が接続されている同一フロア内で使用することを前提に設計しております。

遠隔地でも専用のネットワーク回線を組まれていてお互いにLAN接続をされている場合は、接続は可能です。しかし、遠隔地の場合、環境に応じて検索スピードなどの処理が遅くなる可能性が高くなります。

ネットワーク版につきましては、こちらのページをご参照ください。
それぞれのパソコン台数分に 応じて、ライセンス契約をしていただく必要がございます。
⇒ネットワーク版の詳細はこちら

複数のパソコンに顧客サポートシステムをインストールして、ライセンスをご契約いただければ、お互いに接続されていなくても、データベースの内容を入出力できます。

例えば、支店のパソコンにあるデータベースを本店のパソコンにあるデータベースに取り込む。その際は、別名でデータベースを複数持てます。

データベース本支店での連動

現在の情報では、以上となりますが、

もう少し自社の本店支店間で情報を共有するための目的・理由必要台数など教えていただけましたら、詳しくお答えすることができます。

▲トップへ

INDEXへ戻る

faqポイントカードと連携できますか?

顧客サポートシステムにはポイントカードと直接連動できる機能はございません。

ポイントカードの導入に当たり、おそらく理想としましては、ポイントカードのポイントや来店履歴を、顧客管理システムにそのまま連動でき、管理できるというものでしょう。

上記の仕組みを実現するためには、ポイントカード専用につくられている顧客管理システムが必要になります。

ただし、ポイントカードの仕様にもよりますが、ポイントカードの顧客データ(顧客ナンバー、氏名、ポイント、来店履歴など)をパソコンに取り込むことが可能でしたら、そのデータをエクセルなどで編集した上で、顧客サポートシステムに取り込むことは可能かと考えられます。

※顧客データについて補足させていただきますと

CSVカンマ区切りデータの顧客・販売データをシステムに取り込むことが可能です。

取り込み可能なデータは次の3種があります。

1.顧客情報
 顧客の基本的な情報です。
(顧客ナンバー(コード)、氏名、住所、アドレス、電話など)

2.顧客毎の購買履歴
 顧客毎の購入した商品(売上)の情報です。
(顧客ナンバー(コード)、受注日(yyyy/mm/dd)、購入商品ナンバー(コード)、単価、数量、消費税、売上金額など)

3.商品のマスター
 商品のマスターとなる情報です。
(商品ナンバー(コード)、商品名、単価など)

これらを取り込んだ後、どのようにデータを活用して販売促進やフォローアップに繋げていくかが重要になりますので、あわせて、ご検討いただければと存じます。

▲トップへ

INDEXへ戻る

space

お問い合わせはこちら

▲このページのトップへ